バイトをしていた(2)

0
    バイトをはじめてからしばらくして、
    娘が風邪をひきました。
    バイトやすむわけにもいかない、と思い、
    病後児保育の施設にも利用者登録して、
    その後も2回か3回くらい預けたでしょうか。

    風邪が治りきってない娘を、
    病後児保育施設に預けて、電車に乗る。

    むかーしむかし、友人とした話を思い出しました。
    その友人は、
    母親が働いていたので、自分が風邪をひいたときも、
    風邪をひいた自分を祖父母に任せて出かけて行った
    私が病気でも行ってしまうのねと思った、と。

    そのお母様は責任ある仕事をされていた方なので、
    私とは比べるべくもない。

    バイト先では、
    期限も明確ではない軽めの仕事を
    廻してくださっていました。

    私の仕事は
    病気の子供を、ひとに預けてするほどのものなのかな?
    ここでひとつ、モヤモヤモヤモヤ。

    バイトを始めて2ヶ月くらいたったとき。

    ものっすごい雪が降った日がありました。
    うちのまわりは膝丈くらいにつもり、
    保育所が遠かったこともあって、
    これはどう考えても保育所も出勤も無理だと、
    降雪の当日はお休みしました。
    でも二日連続で休むわけには…と思い、翌日はひどい路面凍結の中家を出ました。

    路面凍結をきっかけに気付いたのは、
    我が家から、坂を通らずにはどこにもいけない!ということ。
    どの方面にいっても絶対に坂を通ります。
    それでも、行くしか無いんだと自転車で家を出たら、
    まんまと転びました。
    前カゴに乗せていた娘ごと。
    そして、路面凍結ですべっちゃっておきあがれない!
    号泣する娘。

    すると、とおりすがりの女性と、年配の男性とが
    助けてくださいました。
    なんどもお礼を言ってると、年配の男性に
    「ここまでして出かけなきゃならないの?」と言われました。

    ここでまたひとつ、モヤモヤモヤモヤ…

    ここまでしなきゃならない、仕事?
    うーん…

    私のような、
    時間に融通の利かない人間を採用してくれた会社に感謝しているし、
    ママさんデザイナーの第一号ということで、
    がんばりたい、と思っていました。
    でも、
    子供を危ない目に遭わせてまで…?


    小さな種が出来ました。


    つづきます…




    女性起業家ランキングへ



    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:103 最後に更新した日:2018/11/15

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM