CocoMarket @南房総 ローズマリー公園

0

    南房総はローズマリー公園のにあるCocoMarket

    可愛いアジアの刺繍の雑貨を多く取り扱っている素敵なお店です。

     

    <ローズマリー公園の春>

     きれいなところです〜!

     

    先日、こちらのお店オリジナルのMiradgeを製作いたしました^^

     

    ゾウさん大好きな店主さんと相談しつつデザインを完成させました〜

    いわゆる、耳バッサーのインドゾウではなく

    耳が小さめのアジアゾウです。

    この度初めてアジアゾウとインドゾウの違いをしっかり認識し、

    アジアゾウの可愛さを知りました!

    可愛い…タイに行きたい…!

     

    <お店にならんでいる様子>

     

    この柄のMiradgeはCocomarketさまでのみのお取り扱いです!

    気持ちの良い陽気の春〜初夏にかけて

    房総は空も海も青くお花は綺麗で魚は美味しく素晴らしいです(^^)

    ぜひローズマリー公園 CocoMarketまで足を伸ばしてみてください!

    カラフルな刺繍の子供服や靴もかっわいいです!!

     

    ローズマリー公園の売店にある

    お出汁のパックもオススメです!

    ほんと美味しいのです!


    ひとまず明日でひとだんらく!

    0

      この1年、PTAの係をやっていました〜

      先生からのお電話にお断りする理由もないので引き受けましたが、

      なかなか、色々アナログだったり…初めてのことでわからないことも多く、

      参ったーー

      のですが、明日でひとだんらく…

      過ぎてみれば、やってよかったと思えますが、

      活動している最中は、伝統に縛られままならないことも多かった…

       

      話には聞いていたけど、話通りに旧態依然としていて

      よくネットで言われている

      「大昔の働いてないお母さんたちが作った仕組みをそのまま現代まで引き継いでいる」

      というのはまさにその通りだろうなあと思いました。

      このIT化の現代。

      AIによって仕事を奪われる〜〜みたいなことが話題になる現代において、

      このアナログぶりはどうだろう。。AIのかけらも感じることはないのです。

      メール…メールという便利が物がありながら利用が規制されているのだ…

      なぜだ…それでいいのか…

      もっと改善したらみんな楽なのに〜と思うことは沢山ありました。

      小さなマイナーチェンジはしてきてるみたいだけど、、

      時代が、猛ダッシュで進歩しているのに比べると、たまに一歩踏み出します^^って感じでした。

       

      去年は幼稚園でクラス役員をやり、

      小学校では係をやって2年連続なので、しばらくはもう遠慮したいなあーと、、

      最低月に2回は学校に行ってました。

      色々重なった時は週に3日行った時もあったなー。

      生徒かよ!っていう。

      結構忙しかった。

      後半はあえて自分で自分を忙しい状況においていたのもありますが。。そこは反省。。

       

      明日でひとだんらく、ホッとひと息^v^

      あとは年度末の引き継ぎと、年度明けに来年の係の人に引き継ぎです。

       

      開放感から久々の更新〜

       

      MIRADGEの新しい柄の制作や、OEMの制作など進行中です。

      ご依頼を受けて可愛い柄を描いております(^^)

      完成したら発表します〜

       

      そしてWebデザインの勉強など!

      いつでも、新しいことは面白いのですが、壁がね!

      絶対くる壁を乗り越えないといけないですね。

      緊褌一番。

      がんばれがんばれ。

       

      あ、

      社名を変えたい!のですよね。

      日本らしく、言って嬉しい社名を検討中です^^


      <目玉>デザイン 販売開始しました

      0

        ハロウィンパレードのお供にどうぞ!

         

         

        <creema>

        https://www.creema.jp/c/coansiki/item/onsale

         

         


        <出てくる何か>柄 販売開始しました

        0

          ハロウィンパレードのお供にいかがでしょう照れ

          身につけられる鏡ですキラキラ

           

          <使用例>

          ちょっとしたメイクチェックに、さっと取り外して使えます(^^)

           

           

          <ムラサキ>

          https://minne.com/items/11163464

          <赤>

          https://minne.com/items/10309677

           

           

           


          安全、安心とか。知るべきことを知り、できることをする

          0

            今朝の北朝鮮によるミサイル発射を、朝起きた後のニュースで知る。

            我が家のケータイはなぜか沈黙を保ち、

            もし核を積んで東京に着弾してたら…と思うと…。

             

            今日は、日本人であり親の立場で、この危機をきっかけに

            普段から思ってることなどを書きます。

             

            まず、

            私たちってどこが安全で平和なんですかね。

            はっきり言っていつでも死と隣り合わせなんですけど。

            日々南方の領海は侵され、過去には同朋が拉致され未だ帰らず、EEZには気軽にミサイルを打ち込まれてる。

            漁民の方が無事なのって、ただの奇跡でしかない。

             

            親の立場として、

            学校も正直あんまり真剣に考えていないという事実を知るべき。

             

            北朝鮮がもし核弾頭を積んで東京を狙った場合、

            永田町を狙ったとしても誤差の範囲は山手線内だそうです。

            多くの住宅街、学校が危険にさらされる可能性が充分にあります。

            その場合、とにかく地下へ避難するのがセオリーです。

            でも、学校には生徒全員が入れる地下室なんてないです。

            4方が壁の部屋、というのも難しいでしょう。

            せめて、せめて教室のカーテンを引くだけでも違う、ということを

            学校の先生方がどのくらい知っているのか?

            まだ文科省から各学校に通達はないのかな?

             

            1学期先生に、学校での対策はどうなっているのか質問したところ、

            学校ではそういうことは検討したことがなかったが、これをきっかけに話し合うことにする旨の返事をいただきました。

             

            こういうことについては黙っておくのが無難なことはわかっているけど、

            私自身の無難を求めて子供が危険にさらされるのは嫌なので、

            少し勇気を出して質問したのですが、聞いてみて良かったと思っています。

            学校に対して問題提起にはなった(といいな)と思います。

             

            自分たちには関係ないと思わず、声に出してみてほしいと思います。

            それが少しでも自分の子供の命を救う可能性につながるのなら。

            それがすべての子どもたちの命を救う可能性につながるのなら。

             

            問題のない問題を国会で騒ぐのではなく、

            批判のための批判を当然とするのではなく、

            立場の違いを乗り越えて、

            国民が一つになって危機に対峙しないといけないと思うんです。

            そうすべき時は数年前からずーっと続いてるんですが…

             

            私の商品はそもそも子どもたちの安全のために考えたものでした。

             

            これからも

            子どもたちの安全、安心のために、できることを考えていきたいと思います。




            calendar

            S M T W T F S
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << May 2019 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            links

            profile

            書いた記事数:103 最後に更新した日:2018/11/15

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM